2009年6月13日 (土)

「State of Mind」

友人の息子さんのライブを聴きに東京へ。

ちょうどワールドカップ予選とぶつかる水曜、でももう予選は突破だったので安心。しっかり録画して出かけました。

ニューヨークの夜をテーマにしたこのライブ。ピアノ一台だけの小さいライブハウスでしたが、ちゃ~んとNYの雰囲気。

ボイトレの先生もしてるKengoくんと、結婚式でゴスペル等も歌っているという燦早(さんさ)さんの初コラボ(だそうです)。

ピアニストの山根千佳さんと3人、みんなアラサー世代(だろう)なのに、渋くてステキな選曲!

【1stステージ】

1.Theme from New York New York(フランク・シナトラ)
2.On a Slow Boat To China(ベット・ミドラー&バリー・マニロウ)
3.She(エルビス・コステロ)
4.New York State Of Mind(ビリー・ジョエル)
5.燦早「ミュージカル」メドレー(My Favorite Things/Singing In The Rain/Steppin' Out/Over The Rainbow)
6.At Last(エタ・ジェームス)5e16e4f3
7.Mein Herr(ライザ・ミネリ)
8.By Myself(オリジナル)

【2ndステージ】

1.Summertime(スタンダード)
2.Sunny(ボビー・ヘブ)
3.Kissing You(デズリー)
4.Kengo「Moon」メドレー(Fly Me To The Moon/Moonlight Serenade/It's Only A Paper Moon/Moon River)
5.Smile(スタンダード)
6.Englishman In New York(スティング)
7.Breakin' Free(ハイスクールミュージカルより)
8.When I Fall In Love(スタンダード)
アンコール:Hero(マライア・キャリー)

良いでしょ、この選曲!

そして2人ともうまい!特に初めて聴く燦早さんの声量ったら。ライザ・ミネリかベット・ミドラーか・・・

そしてKengo君のお父さんは、学生時代“Brothers Four”のコピーバンドで、レコードまで出した実力派だったから、親譲りかな~。

そしてそして、何といっても彼らのトークのオモロイこと!特に京都出身の燦早さんのボケに突っ込むkenkoくんの息の合ってること。NYのジャジーな雰囲気で歌ったかと思うと、“アホの坂田歩き”するんですから。

楽しませてもらってるお客さんは、その分しっかり盛り上げるから、良いライブになるんですね。

先日行った森山良子のライブも、歌はもちろん素晴らしかったけど、彼女の義理の息子の“おぎ”譲り?のトークにますます磨きがかかってて、会場みんなが一体になって楽しかった。

山下達郎もそうだけど、トークの面白さも大切な要素だと感じる今日この頃です、ハイ。

1stステージの最後に歌ったオリジナル曲がとってもステキでした。次のライブにも絶対に行きます!

*撮影できなかったので、写真はHPからお借りしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

engawaにて、まったりライブ♪

おとといの水曜、葉山の「engawa」で、ウクレレの先生浅木舞さんとギタリスト金子あづちさんとのユニット“PuaMalina”のunpluggedライブがありました。317_013_2

engawaは、築80年余の古民家を利用したレストラン。天皇家侍医が長年住んでいたそう。御用邸近くにひっそりとあります。土日がお休みなので、なかなか入るチャンスがなかったのですが、今回やっと。317_001 317_003 317_006 317_010 317_011 317_012

玄関を上がると、畳の部屋と板敷きの部屋。昔懐かしい家に遊びに来たようです。おしゃれに改造されてて、アンティークな家具や押入れ改造のディスプレーも素敵です。

土日休みなのが残念ですが、ランチ・ディナーも良さそう。お店の人も感じ良いです。317_017

3時過ぎからのまったりした1時間半。ケーキ紅茶付きのゆるゆるライブは眠りそうな良い雰囲気!

葉山を題材にした“海岸廻りのバス” “山手回りのバス”を初めとして、海を題材にしたオリジナル曲がどれもいいです。

317_007ギタリストの金子さん(イケメン!)の声と、可愛い舞先生のハモがとっても良いし、アコースティックな楽器の響きが、古民家にしっとりと馴染んで、心地良い空間でした。

さっ、ウクレレ練習しなくちゃ^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

クラプトンライブ

寒い、さむ~い先週金曜日の夜、クラプトンのライブを見るために武道館へ。

大大ファンのsakuraさんから譲ってもらったチケットは、アリーナ席の真ん中より前の良い席でした。

3年位前、家族サービスのために、これが最後の日本公演になるかも、という噂で、見に行ったのですが、やっぱりまた来てます。家族同行で来てるという話も・・。Ericclapton2009

64歳になるそうですが、白いシャツのさりげないカジュアルウェアが、カッコいい!ブルーのエレキが似合ってたし。

ドラム、キーボード、ギター、ベースを従えて。そしてスリーディグリーズの中の2人?のようなバックコーラスもカッコ良かったですね。

演奏はというと、手元を殆ど見ない指さばき、やっぱり見事!そしてしゃがれ気味の声も、ちゃんと出てる。

一緒に行ったベースを弾く女友だちは、指の動きの素晴らしさと、ベーシストの上手さにも驚いてました。

“Change the world”や“Tears in heaven”を演奏してくれなかったのが残念でしたが、夜空の照明が雰囲気あった “Wonderful tonight”に大満足。やはり私は、ドラムが押さえられたアコースティックの響きの方が好き。

sakuraさん、ありがとうね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

山下達郎ライブ@大阪フェスティバルホール 12/27

6年ぶりのライブだそうです。という事は、前回NHKホールに行ったのは6年前?

前評判も高く、久々という事だからか、全くチケットが手に入らない…(^^;

116 「ぴあ」や「eプラス」の事前申込みでなかなか当たらず、とうとう大阪まで行くことになってしまいました!

そんなわけで、初大阪フェスティバルホール。

全く知らなかったのですが、このホール、年末の大阪フィルの第9で終了。新しく立て直されるそうで、ここでのポップス系の最後の公演が、達郎のライブだそうです。

そして達郎は、このホールに特別の思い入れがあるらしく、今回のツアーもこのホールにお別れの挨拶をしたいというのが一つの理由だったそう。117   

“こんな素晴らしいホールを壊すなんて、バカだ~”と何度も言ってました。前日に公演した、さだまさしは“アラブの石油王ならこれを買って家におきたい”って言ってたそう(笑)

カラヤンからバーンスタイン等クラシック音楽から、ボリショイバレエまで、数々の名シーンを生んだ舞台だそうで、“フェスの神様ありがとう”と、何度も言ってました。

115私たちの座席は、2階席の後ろから3列目!もう天井に手がとどきそうなてっぺんでしたが、音は素晴らしかった。顔が全く見えないのが残念(?)だったけれど・・・。

もう、興奮しっぱなしのライブ!声が以前よりずっと出てるような、パワフルな歌い方!そして音にうるさい彼が選びぬいたメンバーの演奏は超一流!

セットリストやライブの内容をブログ等に書かないで(後から来る人の楽しみが減るから)・・・という、彼の「小さなお願い」があったので、詳しくは触れませんが、「Your Eyes」を聴けて満足!(「煙が目にしみる」は残念ながら・・・)114

そして、クラッカーは弾けてました(笑)。そしてそして、やっぱり最高の“ひとりアカペラ”。

あ~、でも翌日、日曜のフェス最終日には、竹内まりやが出たそう!やっぱり~~

「セプテンバー」「人生の扉」、そして最後の最後、帰らない観客に後押しされて「Let it be me」をデュエットしたそう sweat02

でもでも面白トーク満載の、3時間たっぷりの見ごたえあるライブを、取り壊し前の大阪のフェスティバルホールで見れただけでも感謝!

ひと足遅れのクリスマスソングも聴けましたnoteheart04heart04

忙しい中、にゃんずの世話に来てくれた次男にも感謝です。ありがとね~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

寺井尚子ジャズバイオリンの世界 in みなとみらい

久々のコンサート。たまたまネットで見つけた寺井尚子のコンサートでした。

神奈川の朝日新聞販売店の主催だったのですが、2500円という破格の料金。みなとみらいホールは舞台に据付のパイプオルガンだけという質素さ。

でも内容は・・・いつも通りジャズトリオをバックの素晴らしい内容でした!

タンゴの名曲“ジェラシー”を皮切りに、“黒い瞳” “My Favorite Things” “アマポーラ” “黒いオルフェ” “リベルタンゴ” ・・・・ 休憩を挟んで、2時間たっぷりと。

そしてアンコールは、“千の風になって” これもアレンジが素晴らしく、切ない響きが素敵でした。

黒の衣装が、いつもながらに色っぽい。あんな小柄な体なのに、ピンヒールでステップを踏みながらの全身を使ってのバイオリン演奏にまたまた感動!音楽好きの友人と、充分堪能して、良い刺激を受けて帰ってきました。

(You Tubeの画面は、昨日の演奏と一致してませんので悪しからず…(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

"マイカの小部屋 '08 " 〜Autumn〜

先週の土曜、渋谷の公園通りクラシックスで、白鳥マイカちゃんのライブを見てきました。

公園通りクラシックスは、2度目ですが、アコースティックのライブには、広さがちょうど良く、贅沢な空間です。

最近では、「タイヨウのうた」が大ヒットするなど、シンガーソングライターとして、大活躍ですが、伸びのある綺麗な声で、自作の歌を、堂々とそして、楽しそうに歌ってましたね。

マイカちゃんの作る曲は、とってもナイーブで優しく静かだけど、言葉の中には激しさと強さを感じます。最近の伊藤由奈さんの「miss you」も良い曲ですね。

初めてコラボした・・というキーボードの佐々木まりさんの演奏も素晴らしかったし、ハモリもとっても良かった。

そして、ゲストのHanahさんとのデュエット「You've got a friend」・・・ ナイス!

英語の発音もとっても綺麗だから、こういう歌も素敵。

シオノギのCMで歌ってる「Smile」も、心地良く軽やかに歌い上げてるし、軽いジャズの歌も、聴いてみたいな~(^0^)♪。

12月22日には、南青山のまんだらでクリスマスライブがあるそうで、楽しみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

スリーグレイセス

“スリーグレイセスのライブに行って来るね”

“あ~、あの「黄色いさくらんぼ」だろ?”って、旦那が言いました。

いやあれは、スリーキャッツ(だいぶあとに、ゴールデンハーフ・・) bearing

友人が、その懐かしいジャズコーラス、スリーグレイセスのライブに誘ってくれました。先週の事ですが。E0006772_2254525

地元近くの逗子文化プラザでのコンサートは、季節柄、「トロピカルナイト」というハワイアンコンサートでした。

「珊瑚礁の彼方に」 「ブルーハワイ」 「南国の夜」 ・・・等、20曲位を披露。

途中、地元逗子と鎌倉のウクレレバンド(年配の女性が多かった)もジョイント。

結成50年ということは、全員が60代後半でしょうか?それにしては、外見も声も全く変わらない。

恩師である、小島正雄氏との約束通り、結婚・出産を期に活動を休止していたそう。

今回は、ハワイアンばかりだったけれど、相変わらず英語の発音がすごく綺麗だし、ハーモニーも円熟味を増した感じ。

アンドリューシスターズのような、こういう女性ジャズコーラスって大好き。

今度は都内でやってるという、ジャズライブに是非行ってみよう!っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

シルヴィ・バルタン

この忙しい最中に、しかも新しい住まいの契約日に・・・X1x2_live_9_30096

大好きなシルヴィバルタンの日本公演のチケット、3ヶ月以上前にゲットしていたのです。

オーチャードホール、前から9番目の席だったので、顔がはっきり見れ、臨場感あって最高でした。10人のバンドに3人の女性コーラスで作る舞台は、気取りが無く、それでいて洗練された良い雰囲気。

ちょっと心配だった美貌の方は・・変わってない!63歳とは思えない雰囲気で、トレードマークの明るいブロンドヘアも健在。さすがにお腹周りはちょっと太めになった感じだが、第2部のミニスカートで見せたおみ足は綺麗でした heart01

Msc0803091335002n1 フランス大使館後援という事もあってか、フランス人がとても多く、最初から手拍子でノリがよく、楽しい楽しいコンサートでした。

若い時と違う、‘観客を楽しませたい’というサービス精神が溢れています。

もともと声はハスキー系だからか変わらず、更に太い声になって、「NICOLAS」・・・良かったnote

もちろん、「アイドルを探せ」や「IRRESISTIBLEMENT」などは、大拍手!

昔、パリでのビートルズ公演では、前座をつとめたそうだが、そのビートルズの「DRIVE MY CAR」や、「風に吹かれて」「スループジョンB」「悲しき雨音」など、お馴染みの昔の曲も。

そして「悲しみの兵士」では・・・観客の“ラララララララ~”に合わせて、セリフをしゃべってるheart04。「うわっ、シルヴィーバルタンと共演note」・・・大好きな歌だけに、感動です!

若い人も多かったですが、何といっても私たち世代の元気な事!アンコール後は、花束をあげる人たちが20人以上?そして、それに紛れて、握手しにくる人たちが前に殺到sign03

最後は、“大人気ない大人たち”(笑)が、かぶりつきで踊りながらノリノリで。いや~、日本の老人社会の将来も明るいぞ coldsweats01

ひとりで行ったコンサートでしたが、ずっと笑顔で楽しんでました。疲れて眠ってしまうかな?なんて心配もぶっとぶほど、元気をもらった一晩でした。

☆ 残念ながら、2階席がかなり空席が多かったので、今日・明日と興味のある方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

AAAコンサート

P1030087 昨日は世界エイズデー。Act Against AIDS 2007なるコンサートが、今年も何ヶ所かで行われたようですが、私は森山良子が聴きたくて、オーチャードホールに行ってきました。

オープニングは、司会進行役の森山良子が3曲を。とても好きで聴きたかった「パピエ」は、2曲目に。

次は川井郁子が、素敵なバイオリンを2曲披露。エレガントな容姿からは想像できない、情熱的な「Kiss of Fire」は、ブラボー!

そして、2人のコラボレーションは、「エターナリー」。いつものオルゴールを使った歌いだしから始まり、優雅なバイオリンも加わり、ブラボー!

そして、新人コーナーは、「宝美(ぼうみ)」と、テレビ愛媛のアナウンサーだという「大下香奈」が。 2人とも実力派。

41xx0y0nspl次はホスト役の江原啓之が加わり、森山良子とエイズに関するトーク後、「さとうきび畑」を2人で。 オペラを勉強していたという江原啓之の歌は、初めて聴いたけど、感情が入っていて上手でした。

そしてそして、大サプライズ!ちょうど、明日の早稲田グリークラブの演奏会でタクトを振るという「小田和正」が、オーチャードのスタジオで練習をしていたということで登場!

観客は正直ですよね。思わぬスターの登場に、大拍手。

森山良子に、 “昔、渋谷公会堂で、ブロードサイドフォーの解散コンサートか何かに出てたでしょう” “そう、高校生だったんですよ” “あの時、まだ僕は素人で受験生で、バンドをやっていて、ライティング等の勉強のために見に行ってた” ・・・

そして、ずっと年上だったと思ってた、森山良子が年下だとわかって、“な~んだ”・・普通の学生のようなトークが、逆に新鮮。

そしてピアノを弾きながらの、「言葉にできない」。

えっ、ピアノだけで大丈夫?と思ったのだが、とんでもない!すごい声量!心に訴える、高い高い素敵な声!感動!言葉にできない・・ほど。

続きを読む "AAAコンサート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

サーカスコンサート

昨日は国際フォーラムでのサーカスのコンサートへ。

今まで一番良かった。30周年記念コンサートだったので、力が入ってたんですね。

P1020537だいぶ前にチケットが買えなかったので、諦めていたら、数日前、e+の得チケのメールが。3階席限定との事だが、6300→4000円に。

いつもの急な誘いに乗ってくれる友達・・・ありがとう。

いや~、3階席で小さくしか見えなくても、歌声はしっかりと届きます。傾斜ある席から、ショーアップされた舞台が、全体的に見渡せ、これも良い。

一部は今回発売されたCDの曲を中心に。

そして二部が良かった!Kizuna2

30年を振り返る、30分近くのメドレー。

最初は、サイモン&ガーファンクル、ビージーズ、ビートルズ、カーペンターズ等の洋楽のヒット曲を8曲。

次は、りんご追分、津軽海峡、そして植木等のスーダラ節、ハイそれまでよ等の歌謡曲を8曲。

最後は、ジュピター、グノーのアヴェマリア、夜空のムコウ、そしてドリカムのLoveLoveLove(さびの部分を会場全体で)等の、クラシックとジャパニーズポップスを6曲。

続きを読む "サーカスコンサート"

| | コメント (6) | トラックバック (0)