« 山下達郎ライブ@大阪フェスティバルホール 12/27 | トップページ | 2009年スタート! »

2008年12月31日 (水)

チーちゃんお疲れさま

大晦日の今日お昼前11:30に、チーちゃんは天国に行きました。16歳でした。

070302_091303ちょうど泊りに来てた3男と、旦那と私の三人が見守る中で・・・

断末魔の叫びのような悲しい声をあげて、握った手も力が無くなって、最後はあっという間に。命が果てる時って、厳粛で悲しくてつらいですね。

昨日の夕方から、ご飯を食べようとしても、足がもつれて歩けなくなり、それでも、食べる事にとりつかれていた最近のチーちゃんは、義務のように必死になって歩いていました。

でも夜になったら、殆ど歩けなくなり横になったまま、差し出すご飯やお水などをちょっと口にしたまま、力が無くなりそのまま眠るような状態に。

時々、痛むのか、うなされるのか、発作が起きたようにないてふるえてました。

可哀想で一生懸命に手を握り締め、“チーちゃん”と呼ぶと、尻尾だけで反応するようになって・・・P1010937_2

思えば、9年前に唯一心を許してた母が、家を建て替える為の仮住まいの最中にあっという間に自分の前からいなくなり、新しい家で声の大きい父との2人?暮し、そして3年半後には父もいなくなり、その後は、ニャンコ2匹がいる知らない我が家へ連れられてきて、肩身が狭い思いをしながら、一生懸命に慣れてきたのに、3年前に癌にかかって手術して・・・・

あちこち動いて、波乱万丈の人生(猫生)だったね。

P1010507_2さっき、お骨が帰ってきました。“全うした骨でした”って、おっしゃってました。心配してたほど、癌細胞に侵されていなかったようでした。

ここのところ、ずっとかかりきりだったチーちゃんがいなくなってとっても寂しいです。

マイとアンはまだ何が起こったかは全くわかってません。

チーちゃんありがとう!痛い思いや悲しい思いをいっぱいして可哀想だったね、でもよく頑張ったよね・・・・

今頃は天国でママに会えたかな?思いっきり甘えてね。

|

« 山下達郎ライブ@大阪フェスティバルホール 12/27 | トップページ | 2009年スタート! »

コメント

ああ、チーさん、天に召されたのですね…。
なんて申し上げてよいのか、
必ず来ることだとはわかっていても辛いですよね。
私も16年飼っていた犬が目の前で息を引き取ったときのことを思い出しました。
最期はろうそくの火がふっと消えるように逝ってしまうのですよね。
チーさん、とっても幸せだったと思います。
今頃大好きだったお母さまと一緒にいることでしょう。
madame-toshiさんもおつかれさまでした。
どうぞお疲れのでないように。
合掌。

投稿: Mariko | 2009年1月 1日 (木) 16:07

今,涙が止まらず・・・これを書いています。チーちゃん,一所懸命生ききったのよね。その健気さに心打たれます。
にゃんこはデリケートだから環境の変化に敏感で,慣れるまでは当人(?)にとっては大変なこともありますね。その中で優しい家族に囲まれて,慈しんでもらって,きっと感謝していると思います。
私も何度もにゃんこの臨終に立ち会いましたが,最後に一声鳴いて逝くことが多かったです。でも最後に飼っていたチャミちゃんは病院で亡くなり,仕事中の私は駆けつけることもできず(Dr.からは危ないとの電話が会社にあったのですが)夜に引き取って家で亡骸を抱いて号泣したことを思い出しました。
tosiさんをはじめご家族が見守ることもできて,チーちゃんは幸せなにゃんこです。R.I.P.

投稿: tammy | 2009年1月 1日 (木) 16:39

ちーちゃん・・・大晦日に逝っちゃうなんて・・・。
真夜中にここに訪れて、涙が溢れて何も言葉が見当たらず・・・

ほんとうにお疲れ様でした。ちーちゃん。そしてママも。
3人に見送られて、長い間の痛みからも解放されて、
きっと今頃は、今までありがとうって家族にお礼を言って、
天国のママさんのお膝に座って甘えているかもね。
だめだ。。。まだ涙が止まりません。

やはり家族の一員となっているペットを何時かは見送らなければいけないのは分ってはいるけれど淋しいですね。

どうかお気落としの無いように・・・

投稿: coconut | 2009年1月 1日 (木) 17:30

丑年になった今日、チーちゃんのことを知りました。
チーちゃんはネコさんだから・・ねずみ年の最後の日までネコ人生を精一杯生きたのかな。もっともっとみんなと一緒にいたかったでしょうけど・・でも、姿はみえなくてもチーちゃんはずっとみんなのなかにいるものね。
近々逢いにゆきます。

投稿: チャッピー | 2009年1月 1日 (木) 22:39

チーちゃん逝ったんですね。ご冥福を祈ります。
私も3年前ゲンという柴犬を15歳で亡くしました。人間のように火葬して骨は我が家の植木の中です。
私が病院へ行っている間に「口を大きく開けて、苦しそうに亡くなっていました」
きっと、寂しくて叫んでいたんだと思います。
何かの病気でしたが、薬を飲ませると歩くのが困難になり止めました。自然に逝かせようと思いました。
悲しいですね、身近なものの「死」は。

今年こそ良い年にしたいものですね。

投稿: yukiwaa | 2009年1月 2日 (金) 08:51

新年の御挨拶のために、TOSHIさんのブログへ訪れましたが、今、ちーちゃんの悲報に接しびっくりしています。

癌という重い病気になりとても苦しかったことと思います。手術もして、これまでよく頑張りましたね。

夫は子供のころに飼っていた猫の「ミィーちゃん」の話を私たちによくしてくれます。
そのミィーちゃんが天国に行ってから40年くらい経ちますが、
今だに、「ミィーほどの利口な猫はいない」と自慢しています。

ちーちゃんもTOSHIさん御家族の心の中にずーと居てくれると思います。


御冥福をお祈りします。

投稿: Norie | 2009年1月 2日 (金) 23:00

Marikoさん、いつも心配いただいてありがとう。
目の前で息を引き取る瞬間を、久しぶりに経験して、厳粛に感動しました。
目を閉じてあげるまもなく、冷たくなって硬直して、生きてるように体を横たえたまま…
体はぺちゃんこになって、“こんなに痩せてたのに、よく頑張ったよね”って、家族と話してました。
ワンコの16歳って長生きでしたね。
きっと何年経っても、こういう瞬間って忘れないんでしょうね。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 3日 (土) 01:03

tammyちゃん、いつも心にかけていただきありがとう。
先日の電話の時にはまだ大丈夫だったのにね。

環境の変化に事のほか敏感だったチーちゃんは、頑固な姿勢を貫く事で対応するしかなかったかもしれないですね。

tammyちゃん、さぞつらかったでしょうね。
こうしてあげれば良かった…という後悔は、私もいろいろ出てきますが、最期の瞬間に声かけして見守ってあげられたことは、ホントに良かったと思います。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 3日 (土) 01:15

coconutさん優しいコメントありがとう。
もう時間の問題だとは思ってました。
天国のママたちとお正月を過ごしたかったんだね、って旦那と話してました。
亡くなった瞬間には、“痛かったね、つらかったね。お疲れさま”と言ってました。不憫で健気だったな…と泣けてきてました。

ペットの死はつらいけど、それ以上の楽しい時間をくれてた事に感謝しなくちゃね。
マイとアンがいつも通りに過ごしてるのに、救われます。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 3日 (土) 01:36

チャッピーちゃん、そうだよね。
ねずみ年の最後の最後だったもんね。
そう、姿は無くなっても、天国から見ててくれるんだろうな~と思うとホッとしますよね。
逢いに来てね。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 3日 (土) 01:41

yukiwaaさん、ゲンくんって十兵衛くんの前のワンコですね、きっと。
最期の瞬間を思い出すとつらいですよね。
でも、どんな亡くなり方でも、後悔は残りますから、仕方ないですね。
私が小さい頃は、犬や猫が亡くなると、庭に埋めてたので、お骨にしたのは初めてです。植木の中ってお庭ですか?落ち着いたら、お骨をどうするか考えてみます。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 3日 (土) 01:55

Norieさん、新年早々悲しい話でごめんなさい。
旦那さんも猫飼ってたんですね。
その「親バカ?」加減、すごくわかります。
いつまでたっても、ミィーちゃん自慢をしてくれるなんて、幸せなニャンコですよね。
そうやって思い出を語り続けることって必要ですよね。
今年もよろしく…ね。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 3日 (土) 02:01

たった今、3日のブログからチーちゃんの訃報を知り、ただただ悲しみでいっぱいです。

つい最近まで食欲があって、元気そうだったのに・・・

最後の時に一度だけでもお話が出来ればな、といつも思っちゃいます。

チーちゃんはmadame-tosiさんや皆に心からの感謝と、天国のママに会える喜びを言ったと思います。

madame-tosiさん、失った悲しみは尽きないけれど、チーちゃんからもらった、たくさんの楽しい思い出は消えないからね!

チーちゃん、お疲れ様でした。
ママにいっぱい甘えてね。

投稿: mewnana | 2009年1月 3日 (土) 21:36

mewnanaさん、久しぶり&明けましておめでと^^

そう、もう長くはないかな?とは思ってたけど、30日にいきなり弱って、歩けなくなり、それでも必死にご飯を食べようとして、口のところに持っていくと、ご飯の上に口を乗せて眠って…
時々、痛むのか、痙攣のように跳ね上がり、手は震えて…
もう可哀想で可哀想で、今思い出しても涙が出てきます。
30日の夜、最期かなと思って、ずっと腕を握って横にいて、時々起きては、生きてる姿見て安心してました。
最期までつらそうで可哀想で、相談しようと思い、動物病院に電話しましたが、お休みになっていて、その後あっという間に息を引き取りました。
動物病院に連れて行かなくて良かったかな…と思ってます。動かすの可哀想だったからね~。

チーちゃんもママの元に行けて、今頃甘えてるよね^^。

投稿: madame-tosi | 2009年1月 5日 (月) 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/43591096

この記事へのトラックバック一覧です: チーちゃんお疲れさま:

« 山下達郎ライブ@大阪フェスティバルホール 12/27 | トップページ | 2009年スタート! »