« マッタリーナ沖縄@平和祈念公園 | トップページ | 中田英寿 誇り »

2008年1月24日 (木)

マッタリーナ沖縄@また来ます

そして、太平洋戦争で犠牲になった、と言えば、やはり、ひめゆり学徒隊の「ひめゆりの塔」。P1030631 P1030632 P1030638

沖縄陸軍病院の第三外科に、看護要員としてかり出されていた女生徒が、看護活動を行っていた最後の場所。

この第三地下壕に置き去りにされた、職員含む96名中、生き残ったのはわずか5名だけ。壕の中では助かっても、海岸まで行き、自決した人もいるという。P1030635

生き残った方の貴重な証言も聞けると言う、祈念資料館は、残念ながら閉館していたました。またゆっくりと来たいと思います。

修学旅行で訪れた学生の人たちの送った千羽鶴 →

戦争による犠牲者が、20万人(しかも、10数万人は軍人ではなく、一般人だそう)も出た、沖縄の小学校では、未だに平和教育が行われている・・と、那覇空港でマッサージをしてくれた若い女性が話してました。

絶対に語り伝えなければいけませんね。もちろん沖縄だけじゃなく本土でも・・・。

喜屋武岬に沈む夕日を見ながら、“あ~沖縄に来て良かった!”P1030641

レンタカーを返しに空港方面へ向かいます。

走行距離は260km。心もお腹も^^満たされた旅でした。

まったり書いてるうちに、1月もそろそろ終わりに近づいちゃいました。お付合いありがとうございました。

|

« マッタリーナ沖縄@平和祈念公園 | トップページ | 中田英寿 誇り »

コメント

美しい海や景色,素敵なホテルや美味しそうなお料理の後に紹介された昨日と今日のこの記事・・・強く印象に残りました。心に滲むものがよぎり,溢れました。
かって,戦争をしていた日本と現在の日本を含む世界の在り方に思いを馳せ,つくづく「歴史は繰り返す」を実感しています。実体験をしていなくても犠牲になった人々や今の沖縄の抱える問題に対して常に想像力を駆使し,忘れず,考え続けていくこと。そして身近なところでも,自分にできる行動をしていくことが大切ですね。
お二人が訪れて,ここに紹介してくださったことがとても嬉しかったです。ありがとう。

投稿: tammy | 2008年1月25日 (金) 11:42

tammyさん、そうですよね。
もう既に私たちの年齢でも、“戦争を知らない”のですから、
語り続けていく事、考え続けていく事は、大事ですよね。
もう、悲惨な体験は絶対にしてはいけないですから…ね。

投稿: madame-tosi | 2008年1月26日 (土) 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/17782491

この記事へのトラックバック一覧です: マッタリーナ沖縄@また来ます:

« マッタリーナ沖縄@平和祈念公園 | トップページ | 中田英寿 誇り »