« 爽やかですにゃ~ | トップページ | 赤レンガ倉庫あたり »

2007年6月 8日 (金)

大貫妙子、そしてFM東京

Pic_m_070606 先日の「SONGS」に大貫妙子が出てました。20年位前から葉山に住んでるそうで、生活含めナチュラルになった印象。「彼と彼女のソネット」、「Shall we dance?」等、繊細で透明な大貫ワールドに引き込まれました。

私が専業主婦で子育て真っ最中の、70年代半ば~80年代始め位に、毎朝聴いていた、9時スタートのFM東京(現・TOKYO FM)の音楽番組でも、彼女の曲がずいぶん流れてました。残念ながら、番組名は忘れ てしまいましたが、これが、TVの音楽番組とは一線を画した、良い番組でした。

デビュー後間もないユーミンや、ハイファイセット、大瀧詠一、山下達郎、佐野元春、杉真理、須藤薫、竹内まりや、そして大貫妙子等、毎日新しい音楽にワクワクしていたものでした。

この人たちは、シュガーベイブやナイアガラトライアングルで一緒になったり、今でもコラボレーションしたりして、日本の音楽界には欠かせない人たちですよね(もちろん桑田佳祐も)

どちらかというとこの番組では、一般に出回っていないマイナーな曲を流すことも多く、ユーミンの「緑のJacket_m_3 町に舞い降りて」、「静かなまぼろし」、「Good Luck & Good Bye」や、ハイファイセットの「メモランダム」、佐藤隆の「アジャンタ」・・この番組で好きになった曲は多数。

大滝詠一の「恋するカレン」は、今でも間奏が流れると、目をつぶって1人で、感動の世界に浸りきってしまいます。

“キャ~ンドルを暗くし~て、ス~ロ~~~な 曲がかかると~”

外見はともあれ、気持ちだけは若い頃に戻ってます、ハイ…(^^;

|

« 爽やかですにゃ~ | トップページ | 赤レンガ倉庫あたり »

コメント

なつかしい名前が並びましたね。というか、いまでも聴いている人たちですけど。大貫妙子はベスト盤を朝、よく聴いています。シュガーベイブ時代が突っ張っていて(音楽的に背伸びして)、かわいい感じがします。
なぜか竹内まりやは聴けないんですよ。なんででしょうか? 

投稿: 林ナオキ | 2007年6月 9日 (土) 22:47

林ナオキさん
やはり聴いてらっしゃいますね、この時代の音楽。
竹内まりやも良いですけど、ナオキさんの好みではないんですね。
好き好きだからしょうがない…?って事ですね( ^-’)-☆

投稿: madame-tosi | 2007年6月11日 (月) 11:17

「SONGS]、模範的な山下家ファンの私は、もしかして Sugar Babe の映像が流れるかもと考えて、録画してました。
残念ながら、スタンダードを中心とした最近の大貫妙子だけでしたが、数年前に行ったオーチャード・ホール(コクーンだったかな?)でのコンサートを思い出して、癒されました。
大貫妙子といえば「突然の贈り物」
彼女の軽~い歌い方もいいですが、竹内まりやバージョンのねっとりとした歌い方も、なかなかいいですヨ。

投稿: j-boy | 2007年6月12日 (火) 00:05

j-boyさん
模範的かどうかはともかく…(笑)やはり見ましたか?
そしてソロコンサートにも行ってるんですね。
「突然の贈り物」は、2人の歌い方が全く違って、個性が見えていいですよね。

投稿: madame-tosi | 2007年6月12日 (火) 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/15354171

この記事へのトラックバック一覧です: 大貫妙子、そしてFM東京:

« 爽やかですにゃ~ | トップページ | 赤レンガ倉庫あたり »