« ブンジ先生、お疲れさまでした | トップページ | 3年目突入だワン!ニャン=^・^=/~~ »

2007年6月13日 (水)

大回顧展モネ

X1x2_live_9_30028_1 おとといの月曜の午後、雨が上がって爽やかな陽射しの中、“モネ行く?”って友だちが誘ってくれたので、国立新美術館へ。

オルセー、マルモッタンの美術館や、ジヴェルニーのモネの家など、ずいぶんモネの作品には触れてきたつもりだったが、今回はすごい作品の量!よく集めましたね。

そしてすごい人!入場を待つことはないですが、中は混んでました。友だちはだいぶ前の日曜に既に行ったそうですが、その時より断然混んでるって言ってました、口コミで広まってるのかな?

確かに、「睡蓮」、「積みわら」、「ルーアン大聖堂」、「テムズ川のチャリング・クロス橋」等、連作ものを並べて見られるのは、絵に関してあまり詳しくない私でも贅沢だな、と感じたし、面白かったですね。

「日傘の女性」「アルジャントゥイユのひなげし」「パリ万博の祝祭」・・・色が綺麗で大好きです。

86歳まで生きたって、あの時代の人としては長生きですね。548 541

最初の妻のカミーユを病気で亡くした後、アリスと再婚し、ジヴェルニーではカミーユとの2人の子とアリスの6人の連れ子を含めた大家族で暮らしてたそうです。

晩年はアリスにも先立たれ、白内障も乗り越え、波乱万丈の一生を、大好きなジヴェルニーの家で終えた・・・。そんなモネの一生を、最近見た英国制作のドラマで知ったので、尚更興味深く見る事ができました。

3年前に1人で訪れたジヴェルニー(上の写真) 今度はオプショナルツアーじゃなく、駅から自転車を走らせて、新たな気持ちで庭や家を見たいな~!

|

« ブンジ先生、お疲れさまでした | トップページ | 3年目突入だワン!ニャン=^・^=/~~ »

コメント

モネってよーくわからないけど・・・
素敵な作品ですよね。

色がふわぁ~~っとしてて。

以前いった観光地(?)って あとでそこの歴史とか、人とか・・・
わかると
「あぁ~もっとちゃんと調べて行けばよかった」

そんな後悔よ~くします。

代表的なのは スペインでした。

コロンブスのことも ガウディのことも サグラダファミリアの事も、な~んにも知らないで行ったのです (笑)

 ちなみに・・・もし そのチケットの半券お手持ちなら ちょいと見てください。
どーでもいいことですが(笑)

うちの主人が そこのナンバーを印刷しました。 ナンバーのとこだけです。

投稿: 杏ママ | 2007年6月13日 (水) 22:38

杏ママさん
あ~スペインに行ってらしゃるんですね。
私も行きたい国リストに入ってるんですが、一人旅や女性だけでは危ないって聞いてて、ちょっと及び腰なんです(旦那はヨーロッパにはあまり興味が無いので)
そうですね、やっぱり現実に行ってみて初めて親近感が湧いて、帰ってからいろいろ調べ始めて、“あ~もっとちゃんと見ておけばよかった”なんて思うんですよね。でもそれから興味を持つ事って、やはり大事だな、と思って、旅行から帰ってくるといろいろ調べちゃいますね。特にブログを始めてからは…。今さら歴史や地理、美術の勉強してます…(^^;
半券持ってますよ。じっくり見てみますね。

投稿: madame-tosi | 2007年6月14日 (木) 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/15408589

この記事へのトラックバック一覧です: 大回顧展モネ:

« ブンジ先生、お疲れさまでした | トップページ | 3年目突入だワン!ニャン=^・^=/~~ »