« ひとりカラオケ | トップページ | 国立新美術館&東京ミッドタウン② »

2007年4月 7日 (土)

国立新美術館&東京ミッドタウン①

新し物好きのようですが(そのものです・・ハイ)、行ってきました。P1000700

美術館の方はずっと行きたかったのです。なぜならポンピドー・センター所蔵の“異邦人たちのパリ”をやっていたからです。ポンピドーには行ってないし、この“異邦人たち~”というネーミングにはそそられます。

乃木坂の駅からすぐでわかりやすい美術館。ちょっと期待してた「ブラッスリー ポール・ボキューズ」はやはり長蛇の列!12:30位だったから諦めてはいたのですが。1時間待ちということで、サッサと諦めました。

展示の方は、藤田嗣治の「画家の肖像」、シャガールの「エッフェル塔の新郎新婦」、モディリアーニの「テディーの肖像」やピカソ等、私でも見たことのあるものが並びます。

猫を抱えてる藤田嗣治は、モダンボーイのはしりのような雰囲気です。フジコ・へミングもそうですが、パリで暮らすエトランゼたちにとっては、猫は癒しを与えてくれるパートナーだったのかな?

一緒に行った芸術に詳しい友人が好きだという、写真家マン・レイの作品も数点。P1000699

現代アートの作品も多く、私は写真家ウィリアム・クラインの「11月11日、パリ」が好みでした。

それとビデオで叫んでる男性・・アブサロン「騒音」って、本人がずっと叫び続け、だんだん弱い声になり、この後死んだ・・と。これが芸術かどうかわからないのですが、何だかかなり強烈に心に残りました。P1000701

表の入口から出ると、NHKが撮影してます。どこかで見たことのある外人女性が。そうだ、3チャンネルの“今から出直し英語塾”でバーテンダー役をしてたスーザンだ~。

展示室はあまり特徴はないけれど、建物はやはりインパクトがありました。お腹もかなりすいたので、外へ出てランチの場所を探しに。

|

« ひとりカラオケ | トップページ | 国立新美術館&東京ミッドタウン② »

コメント

無造作に撮ったにしてはとっても上手い!!
プロのフォトグラファーみたい。ほめすぎ?
上から撮ると立体感&迫力がでますねぇ~
ホント 感心してます。

投稿: ミュウママ | 2007年4月11日 (水) 23:10

たぶん、あそこは誰が撮っても迫力が出るという、設計だと思うのだけど…(^^;
芸術に詳しいミュウママさんから誉められると嬉しい!

ほめられて伸びるタイプなので(子供か!)、どんどんほめてくださいな(^-^)!

投稿: madame-tosi | 2007年4月12日 (木) 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/14589611

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館&東京ミッドタウン①:

« ひとりカラオケ | トップページ | 国立新美術館&東京ミッドタウン② »