« マンハッタン・トランスファー | トップページ | 湘南ドライブ »

2007年4月26日 (木)

巣立ち

長男は海外暮し、三男は私の結婚をきっかけに別々に暮すようになったけれど、特にきっかけが無く一緒に暮してた次男が、昨日から一人暮らしを始めました。

みな、まだ結婚する意志は無いようだけど、とりあえず自立し2exp_1始めた子供たちにホッと一息。寂しさをちょっと感じながらも、肩の荷が少し下りた気分です。

どうしようもない事情で、子供たちを連れて家を出たのが、上の2人が小2、三男が幼稚園の時でした。アパートを探す時に、パートの収入しかない3人の子持ちの女性に対する世間の厳しさを、初めて知った世間知らずの私でした。

一緒に家探しをしてくれた友達と、人の良い大家さんのおかげで、何とか二間のアパートに住むことができ、それからは必死に前に進んできました。

親には迷惑かけたくないし、すっからかんからスタートのどん底生活は、ある意味前に進むしかないので、頑張り甲斐がありました。

そんな風になってもへこたれない、楽天的な性格に育ててくれた親に感謝。そして何より、家族のように、いつもさりげなく助けてくれた近所の仲間たちや友だちの存在が大きな支えになりました。

1年位後に正社員の面接が通った時、“この会社は残業が多いから無理だね?毎晩9時ごろまで待ってられないよね?”って子供たちに言った時、“僕たちは大丈夫だから・・・”と言ってくれた長男の言葉は、それからの私の人生の後押しになってくれました。10歳前の子供がそんな事言ってくれるんだから、母は頑張らねばなりません…(^^;

Photo_2れから皆が成人するまでの15年位、父母両方の役割はきちんと果たせなかった気もするけど、3人とも明るく、よくぞきちんと育ってくれました!

幸いにも、子供たちが成人してから一緒になったパートナー(今の旦那)は、3人を含めて受け容れてくれた大きな人。そして今日から旦那と初めての水入らずの生活が始まります(笑)

次男の独り立ちをきっかけに、ちょいとセンチメンタルに昔を思い出し、語ってしまいました(シングルマザー真っ最中の方、頑張れ~~~!)

☆ 数少ない家族全員の写真は、最初で最後?の7年前のイタリアへの家族旅行。ミラノ駅と、シチリー島のシーフードレストランでのものです。

|

« マンハッタン・トランスファー | トップページ | 湘南ドライブ »

コメント

お疲れ様でした。
これで、子育てステージは第2期まで完了ですね。
(第1期 社会人になるまで。第2期 自活するようになるまで。
 第3期 伴侶をみつけるまで。私の勝手な分類です。)

私はまだ第2期の途中で、早く自活できるようになってほしいと望む日々。だって、家での私の仕事が減らないんですもの。

madame-tosiさんには、素晴らしいだんな様がいらっしゃるので、これからお二人でゆっくりお過ごしください。海外ロングステイを始められたら、遊びに行かせてくださいね。

投稿: Carat | 2007年4月27日 (金) 01:08

いい話だ〜。感動!
なんか、この頃やけに感動することが多くなったなあ。(笑)

海外生活してからというもの、家族と離れて初めて実感
する家族の絆はなによりかけがえのないものだな、て
つくづく思います。
これからもより一層、“楽”いっぱいの人生を送って下さい。
お疲れさまです。

投稿: 熊顕 | 2007年4月27日 (金) 02:02

あ、そうそう。無料でサッカー観戦のチャンスしかもUEFAチャンピオンズリーグ決勝!

http://jp.uefa.com/competitions/ucl/sky/index.html


本当は、自分も応募したいんだけど。。

投稿: 熊顕 | 2007年4月27日 (金) 02:11

いろいろなことを乗り越えていらしたmadame-toshiさん、
ご子息が家を出るにあたっては、感慨もなおさらでしょうね。
若輩者の私が言うのは大変僭越ですが、お疲れ様でした!
旦那様と水入らずの生活、是非とも今まで以上に楽しんでください。
これからブログももっとパワーアップするのかな~^^

投稿: Mariko | 2007年4月27日 (金) 10:06

tosiさん,ホント,良くやっていらしたわね。偉いなぁと率直に感動してます。私にはきっとできないだろうなぁ・・・と思いながら。

そしてパートナーとの出会い・・・身内の端くれとして,とっても嬉しいカップル誕生でした!!! ブラボー!!!でした。
彼のように懐の深くて広い人は男女を問わず魅力的ですよね。

お二人ともますますお元気でこれからも人生を謳歌してくださいね。そしてその歓びをこのブログを通して私たちにもプレゼントしてくださったら嬉しいな。

投稿: tammy | 2007年4月27日 (金) 12:40

Caratさん、なるほど~、私は第2ステージ到達ということですね。
でも第3ステージが終っても、第4、第5…
親である以上、永遠に続くような気もします(笑)

ロングステイした暁には是非遊びに来てください。

投稿: madame-tosi | 2007年4月27日 (金) 21:25

熊顕さん
お宅の両親にはホントに助けてもらいましたよ~。
熊顕兄弟、総帥兄弟(笑)と家の3人…ホントの兄弟みたいだったもんね。懐かしい!
熊顕さんの仲良し家族は、他人でも居心地良かったですよ。
外国で仕事をしてると尚更、家族の絆、有り難さを実感しているのでは?

チャンピオンズリーグ決勝、良いよね~。アテネ市内観光付きだし。
私も行きたいけど、この弾丸ツアーは、老体にはちときつい。
面白情報ありがとうございました( ^-’)-☆

投稿: madame-tosi | 2007年4月27日 (金) 21:41

Marikoさん、ありがとうございます!
そう、暇に任せて、どんどんパワーアップしますよ~。
これからもコメントお待ちしてます。

投稿: madame-tosi | 2007年4月27日 (金) 21:42

tammyさん
旦那のおかげで、tammyさんとも知り合えて光栄です!
ブログにコメントをいただく事により、いつもお会いしてるような気分です。
ブログは元気な限り頑張り続けたいと思うので、
これからもお付合いよろしくお願いしますね o((=^エ^=))o

投稿: madame-tosi | 2007年4月27日 (金) 21:48

そうか、Xちゃんも、とうとう?巣立ちましたか。今度から誰がにゃん子ちゃん達の
面倒見るの?遊び好きなお二人なのに。何となく、嬉しいような、寂しいような?
親にとって子供はかけがえのない存在、貴方がいてくれて、ありがとう、ですよね。
これからは、心の広い旦那様と、仲睦まじく、苦労の15年分を取り返して下さい。
お疲れ様でした。


投稿: ララちゃん | 2007年4月28日 (土) 16:42

あ~ん!胸がジーンとして目元が潤みそうです・・・
ご苦労された分、必ず幸せは来る。その通りですよね♪
三人の素敵な息子さんは巣立ちされましたが、ママはいつまでも息子さん達の心の中に居ます。
そしてこれからも今まで以上に、素敵なご主人様とラブラブな日々を♪

投稿: coconut | 2007年4月29日 (日) 07:31

ララちゃん、ありがとう!最初の仕事のきっかけを与えてくれた、ララちゃんにもずいぶんお世話になりましたよね~!感謝です。

そうなんです、にゃんこの事。
でも、遊び好きの私たちはその辺は抜かりなく…可愛がっていた次男が面倒見に帰ってくれる約束なんです( ^-’)-V

投稿: madame-tosi | 2007年4月29日 (日) 10:11

coconutさん、ありがとうね~!
引越し時に励ましの声をかけてくれたんですね。
嬉しかったようですよ(^-^)!
これからもよろしく♪~

投稿: madame-tosi | 2007年4月29日 (日) 10:16

はじめまして^^Jです。
何度も『ウエスト・・』を読みながら、そー、そー、うん!わかる!とケッコウ感動しながらもコメントが書けませんでした。(←ナゼなら、『シリアスババ塾』を書き終わるとすでに12:00。半覚醒状態だからです。)

ご家族に囲まれたT ちゃんを見て、うぅ~、カワイイ!!! と思わず思いました。姉(もどき)として、ワタシも幸せです。

投稿: J | 2007年4月29日 (日) 22:13

わ~お、Jさんコメントありがとう!
あれだけのブログを毎晩仕事の後に書いているのだから、
半覚醒状態…よーくわかります。

>うぅ~、カワイイ!!!
うれしい!こんな表現してくれるのは、やはり姉(前世の?)だからですね。
Jさんの頑張ってる姿は、妹もどきとしては、とても誇りですよ~( ^-’)-☆

投稿: madame-tosi | 2007年4月30日 (月) 08:17

最初のパート先の経営者?であった私も3歳・1歳の子どもを乗せて荒波に漕ぎ出したばかり。怖いもの知らずだったのが幸いな面もありました。“何とかなるよ”と言って上げられない自分が情けなくて、自分が生きていくばかりではなく、皆の仕事として取り組んでいかなければいけない!と誓いました。今では奨励している?訳では有りませんが、シングルマザーが片手で余るほどに・・。今の私が居るのはtosiお姉さまのお陰です。

投稿: sakuraちゃん | 2007年5月 1日 (火) 07:59

sakuraちゃん、久しぶりです!

そうですよね、離婚したばかりの私たち2人は、怖いもの知らずで、突っ走ってましたよね。同じ境遇だったからこそ、2人で前を向いて、会社を軌道に乗せる事が楽しかったんだと思います。仕事で使ってた車を、通勤や私用で使わせてもらって、ずいぶん助かりました。子供たち詰め込んで(笑)、遊びにも行けましたから…
15年ぶり位にsakuraちゃんの事業の成功を知った時は、ホントに自分の事のように嬉しかったです。

これからも、数多いシングルマザーの従業員の方たちを引っ張っていってくださいね。陰ながら応援してます( ^-’)-☆

投稿: madame-tosi | 2007年5月 1日 (火) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/14851103

この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ち:

« マンハッタン・トランスファー | トップページ | 湘南ドライブ »