« the Early Bird cafe | トップページ | 「拝啓、父上様」 »

2007年3月24日 (土)

『サンジャックへの道』

Photo 女性監督の作ったフランス映画、歩くだけのロードムービーです。

『サンジャックへの道』とは、ノートルダム大聖堂のある、フランスのル・ピュイからスペイン最西端までピレネー山脈を横切って、キリスト教の3代聖地の一つ、サンティアゴ(サンジャック)までの1500kmのカソリック巡礼の道。

仲の悪い、遺産目当ての3兄弟を中心に、それぞれ訳ありの9人がここを歩く物語です。ヨーロッパならではの景色の美しさと、讃美歌、スパニッシュ、クラシック、ジャズ等音楽の使い方の素晴らしさに、まず感動。そして人間のつながりっていいな、って思わせてくれる映画でした!

物質に恵まれて、忙しい世の中に生きてる私たちが、失くしている物を思い出させてくれます。過酷な旅の中で、仲間意識が芽生え、最後には苦しみや楽しさを分け合えるという、家族のような関係に・・。Map_1

途中で、重たい荷物の中から要らない物を捨てていくシーンがあったのですが、携帯電話だけは離せなかったですね(笑)

メタボリック?で薬漬けだった社長が、途中から薬が不要に、やっぱり現代の生活習慣病には、ウォーキングが一番?

映画を観終わった時には、あの9人と一緒に、素敵な景色の中を一緒に旅してきたような、素敵な達成感を味わえました。私ももっと体力をつけてあんな旅がしたい!

『リトルミスサンシャイン』を観た時にも感じたのですが、メジャーで封切られている映画ではないけれど、こういう映画こそ、多くの人に観てもらいたいですね。

* スペイン900km巡礼旅日誌なるサイトを発見!ヨーロッパならではの景色に触れながらの旅ですが、若い頃にこれだけの旅を経験するって素敵な財産になるな~。でも歩く距離が半端じゃないです…(^^;

|

« the Early Bird cafe | トップページ | 「拝啓、父上様」 »

コメント

サンジャック(サンティアゴ・デ・コンポステラ)は行ってみたい場所のひとつです。歩くのは無理だと思いますが。
とりあえずこの映画、見たいな。

投稿: Carat | 2007年3月25日 (日) 11:21

Caratさん、東京周辺では今のところ“シネスイッチ銀座”でしかやっていないようなのですが、金曜のレディスデー以外はそれほど混んでいないようです。
金曜は並んで入りましたが。

投稿: madame-tosi | 2007年3月26日 (月) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/14370541

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンジャックへの道』:

« the Early Bird cafe | トップページ | 「拝啓、父上様」 »