« 金沢⑤ 近江町市場等 | トップページ | にゃんにゃんにゃんの日 »

2007年2月22日 (木)

『ドリームガールズ』

観たい映画がたくさんあるけれど、やはりこれは早く観たかった!行ってきましたレディスデーは『ドリームガールズ』に。 Doream

ブロードウェイで1981年からロングランされた作品の映画化で、舞台は1962年のデトロイト。シュープリームスをモデルにした3人組の栄光と挫折の成長物語(だそうです)。

私たち世代&もう少し若い世代にとっては、とっても懐かしいモータウンサウンド。レコード会社が車の街デトロイトにあったので、モータータウン→モータウンになったそうです。知らなかった~。

音楽は残念ながら当時のものは使われていませんが、コテコテヘアのエディ・マーフィ扮するアーリーは、マーヴィンゲイがモデル?らしいし、ジャクソン・ファイブらしきグループも出てきます。懐かしい。

アカデミー助演女優賞にノミネートされている、ジェニファー・ハドソンは、これが始めての映画出演だそうですが、すっごい声量、ついでにふてぶてしい演技もすごい!役とはいえ、ちょっと太りすぎ・・という印象。

ただ、張り上げるエキサイティングな歌い方は、もの凄い迫力で上手い!しっとり歌う「ワンナイトオンリー」は、とても胸に響きました。

5c16fd951a5b009120f1c5c80ff24781_1 ドンドン垢抜ける3人に感心しましたが、ダイアナ・ロス役?のビヨンセは、やはり最初から綺麗でしたね。

ソウルミュージックが市民権を得るのはずいぶん大変だったのですね。人種差別が音楽界でもまかり通っていたようです。黒人の歌がポップスのチャートに入ることは無かったようで、黒人の作った歌を白人が歌って、ヒットさせてたようです。プレスリーの歌も、盗作まがいのものが多かった???

残念だったのは、そんな黒人の歌が市民権を得ていくという過程を、もう少し描いて欲しかった。

最後の解散ライブはぐっときましたね。ミュージカル仕立てとはいっても、ダンスは殆ど無く、音楽をたっぷりと堪能する映画です。エンドロールまで、歌がぎっしり聴けて最高でした。

さ~4日後のアカデミー賞、助演男優賞・助演女優賞ゲットできるかな~?

|

« 金沢⑤ 近江町市場等 | トップページ | にゃんにゃんにゃんの日 »

コメント

こんばんは~。
tosiさんのコメントをみて、早速やって参りました。
「うんうん、そうだ。I agree.(^^)/」と
思いながら読みました。

ジャクソンファイブらしきグループが、なにげに最後まで
しつこく画面にでてくるのが、ちょっとおかしかった。

プレスリーの「監獄ロック」も、元は黒人が作った歌だったんですね。ラジオのチャンネルにも、白人・黒人専用があったなんて、
初めて知りました。

なるほどモータウンはモータータウンからきたのか。
そういえば、ジェイミーフォックス扮するカーティスの
前業は、車のディラーでしたね。
裏の悪どいかけひきで、音楽ビジネス界をのし上がっていく
カーティスの生き方も、この映画のテーマの一つに含まれてるかも
しれないと、ふと思ったりしました

ビヨンセの顔と歌、今回じっくり見ました。綺麗でしたね~。

投稿: yu-yu-mama | 2007年2月22日 (木) 20:40

yu-yu-mamaさん、たくさんのコメントありがとうございま~す(^-^)!
またまた同じ日(きっと?)に観ていたようですね。
私もyu-yu-mamaさんの記事に“agree with you”でした!
ジェニファーハドソンの声、ホントに声帯切れそうでしたね。
そしてショービジネスの裏、厳しさもよく描かれてました。

何はともあれアカデミー賞楽しみです。


投稿: madame-tosi | 2007年2月23日 (金) 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金沢⑤ 近江町市場等 | トップページ | にゃんにゃんにゃんの日 »