« 金沢② 金沢城・兼六園・21世紀美術館など | トップページ | 金沢④ 小松弥助 »

2007年2月15日 (木)

金沢③ 甘味-金花糖へ

お目当ての甘味屋“金花糖”は、武家屋敷を抜け切って住宅街の一画に。ちょっとわかりP1040758_1にくい場所だったけれど、何とか探し当てま した。

お店の障子の墨絵や、庭の雪吊り等、遊び心満載の、町家を活かした店舗兼自宅です。

こだわりの餡子とお餅は、普通においしかったですが、何より他のお客さんがいなくなってから、女主人と厨房の女性とが、金沢よもやま話をたくさんしてくれて、それが良かった!

話しを聞けば聞くほど金沢人の文化度の高さにビックリ。普通の主婦でも茶道華道はもちろん、お琴や三味線等できる人も多いという事。P1040754P1040753P1040749

雪吊りをしているのは、北陸でも金沢だけという事。何しろ一般の家でも専門の庭師に、数万円かけて頼むそうです。

それと、金沢はお洒落なお店が多くて、「福井や富山の若い人たちは、金沢に買いものに来る人が多いのですよ」と、おっしゃってましたが、とってもわかるような気がしました。

P1040757 京都弁に似てる感じがする方言についても、いろいろと・・・。そういえば前の日に買物して、買った物を受け取る時に“ありがと~、ようこそ”って言われて“えっ?”と思ったのですが、「ようこそいらっしゃいました」、という感謝の言葉を最後に付け加えるようです。

それと、今年の暖冬(雪の無さ)は、やはり異常で、夏も30度以上の日が多く、虫が異常発生したりしてちょっと変とおっしゃってました。(でも今日は金沢、吹雪のようですね。良かったのかな?)

井戸端会議のように長々と話してたら、他のお客様が入ってきたので、おかみさんたちは仕事モードに戻ります(笑)。ずいぶんと長居してしまいました。

結局、2人でお汁粉、あんみつ、焼餅トリオと食べ、私のお腹の中には大きなお餅が3ヶ半も!

最後においしいお寿司屋さんを教えてもらい、居心地の良いお店とお別れを。楽しいひとときをありがとうございました(ちょうど貸切状態で良かった!)

|

« 金沢② 金沢城・兼六園・21世紀美術館など | トップページ | 金沢④ 小松弥助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/13921049

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢③ 甘味-金花糖へ:

« 金沢② 金沢城・兼六園・21世紀美術館など | トップページ | 金沢④ 小松弥助 »