« 物忘れ | トップページ | 南翔饅頭店 »

2007年1月25日 (木)

『マリー・アントワネット』

ソフィア・コッポラ監督、ラデュレのお菓子、ベルサイユ宮殿での撮影・・・こりゃ必見です。Photo03_2

レディスデーの六本木ヒルズの映画館は若い女性でいっぱいでした。

ベルサイユ宮殿での撮影、スゴイです!貸切っての撮影ということも すごいし、当時の建物がそのまま使える、ってスゴイ。さすがフランス!

587_1588さて、気合を入れて?見始めたら、途中からお腹が痛い。中のほうの席だったし、話がわからなくなるのがいやなので、我慢して見続けま した。“あ~、苦しい・・いよいよバスティーユ攻撃だから、あとは逃亡→コンシェルジュリーの独房→コンコルド広場でのギロチンの場面があるから、もうちょっとの我慢我慢(汗)” と思ってたら・・・

597_1 あれ?終ってしまいました。

“ふ~助かった!”と、エンドロールを観ずに、トイレに走りました…(^^; (しつれいっ)。

トイレは間に合って助かったのですが(笑)、やはりあれで終ったのでは、尻切れトンボの感じ。“ベルばら”を見たことの無い私にとっては、“マリーアントワ584ネットもの”を観るのは初めてだったので、辛い最期まで、描いて欲しかった、というのが正直な感想です。

でも若い監督は、女性向けにと、敢えて華麗なマリーアントワネットの生活だけの描写にとどめたのかな。今回は彼女の生涯を取り上げた、というより、ファッション、ケーキなど、女性向けに楽しめるものにしたのでしょうね。

567さえないルイ16世は雰囲気が出ていたけれど、『ヴァージン・スーサイズ』にも出ていたキルスティン・ダンストがちょっとイメージと合わなかったような。そして、“マダ~ム”だけでなく、全部フランス語の方が雰囲気が出たのでは?

そしてマリアンヌ・フェイスフル、年取りましたね。歌手だと思っていたら、女優になってたんですね。“As tears go by”を唄ってた時の可憐な雰囲気は全く無くなってました。(しょうがないですね、こちらも年取ってるし)

音楽の使い方が面白かったし、映像が綺麗でフランスのエスプリを味わいたい方にはもってこいの映画だと思います。

☆ 写真は2004年7月に一人でパリに行った時に撮ったもの。最後の写真は、コンシェルジュリーのマリーアントワネットが入っていた独房の部屋です。華麗な映像とはあまりにもかけ離れた最期です・・・

|

« 物忘れ | トップページ | 南翔饅頭店 »

コメント

コメント有難うございました。この映画も良さそうですね!

投稿: yesquire | 2007年1月25日 (木) 22:02

こんばんは。
映画でヒットしました。
この映画は歴史とは別物として見るべきなのかもしれないです(。・ω・)(・ω・。)ネー。
彼女の人生はこれからなのに、あの場面で終わってしまうのは残念でした。。

投稿: ここ | 2007年1月25日 (木) 23:04

マリアンヌ・フェイスフル~この名前にのみ反応してしまいました。as tears go by~いや、もうこっちが涙あふれてしまいす~

コッポラの娘さん、前に見た映画の印象があまりよくなかったんですよね。写真、楽しませていただきました!おなか、たいへんでしたね(^_^;)

投稿: 林ナオキ | 2007年1月26日 (金) 04:06

予告編で見た時、主演の女優がかわいいと思いました。
あの時代にどんなケーキを食べていたのか
ちょいと興味はあります。
>ファッション、ケーキなど、女性向けに楽しめるもの
なるほど~。
私も、全編フランス語のほうがぜったい良いと思いま~す。

投稿: yu-yu-mama | 2007年1月26日 (金) 16:42

yesquireさん
ご夫婦で書いてらっしゃる表参道情報、楽しそうですね。
これからも見させていただきますのでよろしくお願いします!

投稿: madame-tosi | 2007年1月26日 (金) 17:48

ここさんようこそ!
やはりラスト、拍子抜けしましたか?

ここさんのブログ、可愛くて読みやすいですね。
またお邪魔しますので、よろしくお願いします!

投稿: madame-tosi | 2007年1月26日 (金) 17:51

ナオキさん、ご心配ありがとうございました…(^^;

やはり音楽に詳しいから、そっちに反応…ですね。
大御所のマリアンヌフェイスフルは、もしかしたら見ないほうがいいかもしれませんね(笑)

投稿: madame-tosi | 2007年1月26日 (金) 17:55

yu-yu-mamaさん
残念ながら、ケーキやマカロンは今の時代と変わらない感じでした。
映画のあと、おいしいケーキがたまらなく食べたくなりますよ~。
是非ご覧になってみてくださいね。

投稿: madame-tosi | 2007年1月26日 (金) 18:00

私も見たいと思っています。
ドラマ性はないけれど、視覚的に楽しめるって聞きました。
ソフィア・コッポラ、これからもどんどん頑張ってほしいと思っています。

投稿: Mariko | 2007年1月28日 (日) 13:32

Marikoさん
映像が綺麗なので、視覚的に楽しめるって感じですね。
お洒落な女性雑誌を読んだような感じかも(^-^)!

投稿: madame-tosi | 2007年1月28日 (日) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/13655475

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリー・アントワネット』:

» マリー・アントワネット [毎日楽しいやん]
マリー・アントワネット 観ました。 nbsp; nbsp; 14歳でフランスの王太子ルイ16世に嫁ぐマリー。 愛情のない夫婦生活の淋しさや日々の退屈さを 贅沢なドレスやパーティーで紛らそうとする。 その豪遊ぶりったらすごいっ#63916; nbsp; 本..... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 23:02

» 映画・マリー・アントワネット(Marie Antoinette)面白そうです! [英語の本を原書で読みたい!]
(258)If they have no bread, then let them eat cake!    〔パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃない〕 映画・マリー・アントワネット(Marie Antoinette)が公開されているようですが、ネットで予告編なども見たのですが、面白そうです。有名な歴史上の人物ですし、豪華な贅沢三昧の時期からフランス革命まで、歴史映画としても楽しめそうな気はします。(マリー・アントワネットについて、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 01:37

« 物忘れ | トップページ | 南翔饅頭店 »