« 「THE 夢人島Fes, 2006」総集編 | トップページ | 秋晴れ »

2006年10月 5日 (木)

キリンカップーガーナ戦

行ってきました、横浜国際・・じゃなく、日産スタジアムへ。P1030604

心配だった雨にも降られず、着いたスタジアムは熱気ムンムン。ただいつもの代表戦に比べて、空席が目立っていたようですが、ハーフタイムにはかなり埋まってて、52,000人、入ったそうです。平日の新横浜はちょっと不便ですもんね。

知り合いの方にとっていただいた席が良かったです。バックスタンド2階前列ど真ん中。ちょうど前方、メインスタンドに放送席(らしきもの)が見えます。小倉が解説・・と聞いていたので、あの辺にいるんだろうな~と思ってたら、昨日はピッチ解説だったそうですね…(^^;

選手紹介で一番拍手が多かったのが、やはり“オシム監督”。そして君が代は、“ジョン健ヌッツオ”。新撰組の主題歌も歌ってたオペラ歌手の国歌は、今まで聴いた中で、一番素晴らしく、一番安心して(;^_^ 聴けました。

さて、試合の方ですが、負けはしましたが、面白かった!というのが、率直な感想。DFの坪井、トゥーリオが抜けて、ちょっと心配だったのですが、今野が慣れないポジションで良くやってたと思います(ちょっとバックパスでヒヤリとするところもありましたが)。

そして、山岸!良かったですね。切れた動きで、チャンスを結構作っていました。

FWは、全員出られたのだから、誰か1点決めて欲しかったな~。

ガーナは強かった、上手かった。WCの決勝トーナメントまで残った時のメンバーが中心で、ヨーロッパの強豪チームでプレイしている選手が多いだけのことはあります。スピードが違う。よく1点でくい止めましたね。川口のナイスセーブもありましたが。

これからも恐れず、ドンドンああいう強豪と試合をしていって、切磋琢磨して欲しいものです。

|

« 「THE 夢人島Fes, 2006」総集編 | トップページ | 秋晴れ »

コメント

ご無沙汰しております。
スタジアムで観戦されていたのですね!
私は夕方、自宅近くのお客様を訪問し、そのまま直帰。
テレビ観戦でしたが、やはりオシムサッカーはワクワクします!!

まだまだミスや修正点はありますが、これからの新しい日本サッカーを予感させるゲームでした。

翌朝の「とくだね」で“○木○太郎”が「オシムは20年後のための育成には良いけど、代表監督として今を勝たないと…」などと、たわけた発言をしていましたが、「10年後・20年後・50年後を視野に入れた今」を大切にしているのが、イビチャ・オシムなのではないでしょうか?

すみません、ちょっと外れてしまいましたか…

投稿: Ref.TAKA | 2006年10月 6日 (金) 13:19

Ref.TAKAさん、ご無沙汰です!
本業以外に高校生のレフリーのお仕事、いつもご苦労様です。

ワクワクしますよね~、オシムサッカー!
その「とくだね」の松○安○郎の話は次男から聞いて、
我が家では、やっぱり、さすが松○だね~って皮肉ってました(笑)
全くわかってないですね、小倉や中西、金田、福田を見習って
欲しいものです、ホントに。
松○は、キャラ的には嫌いではないのですが、
サッカーの解説はしないで欲しいです(;^◇^;)ゝ

投稿: madame-tosi | 2006年10月 6日 (金) 18:23

高校生たちとの関わりは、何だか教えられることばかり…です。
テツさんや先生方からもです。
いつも楽しい週末に関わることができていることに感謝。

そうですか!今年3月、吉祥寺で偶然お会いした次男さんから、お聞きになりましたか?
「○木○太郎」と「松○安○郎」は、どうやら同一人物のようですね(笑)。

昨年、うちの息子が石神井で現役のときに、彼のチーム(某高校)と対戦し、その際の○木○太郎さんの態度に悪いイメージがついて以来、払拭できませ~ん。

まあ、タレントとしては嫌いではないのですけどね。

投稿: Ref.TAKA | 2006年10月10日 (火) 18:47

Ref.TAKAさんの若さの秘訣は若い人たちと接する事なんですね。
いいですよね、若い人たち!

その同一人物の試合での態度は私も聞いてます。
やはりお笑いタレントに絞って欲しいですね~。

投稿: madame-tosi | 2006年10月11日 (水) 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/12158130

この記事へのトラックバック一覧です: キリンカップーガーナ戦:

« 「THE 夢人島Fes, 2006」総集編 | トップページ | 秋晴れ »