« TVに・・・ | トップページ | アイロンかけ »

2006年8月21日 (月)

育児日記

P1030140 おとといの夜に来た長男が、小さい頃の写真が必要との事で、昔の写真を引っ張り出していたら、こんなものが出てきました。

懐かしい~~!

小さい頃から、作文や読書感想文など大の苦手で、しかも筆不精の私が、よくこまめに書いてたもんです・・。あの頃は子育てが大事な仕事だと思っていたからか・・、この育児日記の面白さに惹かれたからか・・。

叔母からの頂き物、「婦人之友社」発行ですね。今でもこういうものがあるのでしょうか?今はもっともっとカラフルで面白いものができてるのかな?

P1030133改めて読み返してみると、きったない字ながらも、ミルクの回数・量や日々の事を良く書いてたものです、我ながら感心。どっちにどれだけ飲ませたかを忘れるので、そういう意味でも役立ちました。

初めての育児で双子の男の子・・・不安だらけな毎日を、これを書くことによってだいぶ解消していたのかも。そしてちょうど2年後に誕生P1030135した3男の育児にも役立った気がします。

3年物なので、最後の1年分は3人の育児日記に変わりました。

しょっちゅう熱を出して夜泣きがひどかった2人に、時間差で毎晩起こされ、ノイローゼ寸前になったこと。3ヶ月位は3人分のオムツを洗っていたこと。股関節脱臼で0歳児からギブスや手術を繰り返していた3男のこと・・・。

今となっては、良い思い出だけど、甘ったれの若かかった母親にとっては毎日が必死でした。育児はホントに、親を育てる“育自”です。

オムツが取れるのも、歩き出すのも、しゃべるようになるのも、3人とも、全てが遅かったけれど、そんな事は後で考えると、たいした問題ではないのですよね。

P1030138_1 病気ばかりして、食べ物の好き嫌いが激しく、人見知りがひどかった3人!今の3人を知る方たちにとっては信じられない・・でしょうね~(笑)

←いろんなページを開いて、いたずら書きをしてました。この1冊はかけがえのない、大事な“宝物”です

それにしても長男は食べ物に執着があったり、次男が要領が良かったり、3男がお兄ちゃん大好き・・だったのはこの頃から?

|

« TVに・・・ | トップページ | アイロンかけ »

コメント

子供は3才までに、親に借金(成人するまでかかるであろう費用の)を返してしまう。と言いますが、本当ですね。
あの可愛さは、その費用と利息まで付いて帰ってくるくらいです。でもあの時のあの子達は、何処へ行ってしまったんだろう。
あの頃の写真を見ると、少々胸が痛くなります。今はその子達に
似ている、でかくて可愛くないのが身近に居ますが、あの子達は何処か遠くへ行ってしまい二度と戻って来ません。
またあの子達に会いたい。

投稿: tiisa | 2006年8月23日 (水) 10:29

tiisaさん、久しぶりです!

>今はその子達に似ている、でかくて可愛くないのが身近に居ますが、あの子達は何処か遠くへ行ってしまい二度と戻って来ません。
またあの子達に会いたい。

可愛さはなくなったけど、カッコ良くなった子達がいるじゃないですか~。
そして、その子達にそっくりな、可愛い~子がそのうち、できるんじゃないですか?
少子化の時代、必ずしもじゃないけれど…

投稿: madame-tosi | 2006年8月23日 (水) 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/11540808

この記事へのトラックバック一覧です: 育児日記:

« TVに・・・ | トップページ | アイロンかけ »