« 『RENT』 | トップページ | キリンカップ-スコットランド戦 »

2006年5月13日 (土)

『きみに読む物語』

B0009x59k409_1今日から公開される、渡辺謙主演の『明日の記憶』。今朝TVで紹介されていたのですが、若年アルツハイマーを扱っていて、何だか身につまされる思いでした。

昨日DVD録画でみた、この『きみに読む物語』・・・単なるラブストーリーかな?と思っていたのですが、これも認知症が話のベースにありました。

あんなに愛し合ったのに・・・記憶が消えてしまうっていう事は、残酷ですね。

あの時代には、ちょっとありえないカップル・・と思いました。それでも、上品な顔立ちのノア役の“ライアン・ゴスリング”と、あまり上品な顔立ちでないアリー役の“レイチェル・マクアダムズ”という配役が、逆に不自然でなかったのかもしれません。

“ジーナ・ローランズ”と“ジェームズ・ガーナー”の、老いた二人が素敵でした。それにしても、若い頃の激しい愛が、形は変わってもずっと続くなんて、素敵ですよね~。

W534225view_1  ← 監督の“ニック・カサヴェテス”は“ジーナ・ローランズ”の息子だそうです

白鳥の大群にはかなりビックリしたけど(ヒチコックの鳥を思い出した)、映画の終わり方は音楽も含めて、「良かった~」。

認知症・・・防ぎようはないのですかね?

|

« 『RENT』 | トップページ | キリンカップ-スコットランド戦 »

コメント

こんにちは~。

若年性アルツハイマー、最近よく話題になってますね。
自分の意思と関係なしに、病魔が襲う・・こわいですね。
年齢的に、我が家も他人事と思えません。
脳みそのドリル、がんばろか、なんて・・。
歌を歌うことも、いいかも?

「きみに読む物語」も、見てみたいです。

投稿: yu-yu-mama | 2006年5月14日 (日) 19:16

本当に他人事ではないですよね。
歌を歌ったり、何かに感動する気持ちを持っているのがいいのでは…?な~んて、また遊びの理由付けをしてしまいました(笑)

yu-yu-mamaさんも、大丈夫ですよね。

投稿: madame-tosi | 2006年5月15日 (月) 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/10044334

この記事へのトラックバック一覧です: 『きみに読む物語』:

« 『RENT』 | トップページ | キリンカップ-スコットランド戦 »