« 小倉隆史・・・トライアウト受ける | トップページ | 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 »

2006年1月13日 (金)

『ジョージ・マイケル~素顔の告白~』

1000687_01  気になってた映画『ジョージ・マイケル~素顔の告白~』を、渋谷のル・シネマで観てきました。

彼の生きざまや作品についてが、本人や周りの人や、他の歌手によって語られるという内容。私にとっては、ワムの片方・・くらいの知識しか無かったのですが、素敵でしたね。澄んだ声も、自分に妥協しない不器用な生き方含めた人となり・・・も。

ワムの解散の真相、愛してた男性のエイズによる死、大好きな母親の死、そして所属していたソニーとの確執・裁判などが次々と。

愛してた男性のエイズが判明した時に、フレディ・マーキュリーの死を聞き茫然自失・・。その後のフレディの追悼コンサートでの熱唱は迫力ありました。(このコンサートはすごい観客images 数だったのですね~)

ボーイ・ジョージのコメントが彼を批判的なのに対して、エルトン・ジョンやスティングの評価が好意的だったのにホッとしました。ゲイをカミングアウトして、最近の恋人とはオープンに付き合えているようで、インタビューに応じてる顔が、以前のように構えず、自然で優しい顔になってました。

『Careless Whisper』『Last Christmas』『Freedom』・・・昔の歌も名曲が多いですが、様々な事を乗り越えて辿り着いた、ソロの歌にも期待です!

|

« 小倉隆史・・・トライアウト受ける | トップページ | 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 »

コメント

Bon soir, madame!

ジョージ・マイケルの映画が出来てたんですね。
知らなかった...
『ワム』の片方、というイメージが消えたのは
イギリス留学時代だったでしょうか。
あの頃は、まだ他を寄せ付けないイメージがあったのですけど、
ここ数年で印象が変わったな、と感じていたところだったので
そういう背景があったのか、と納得です。
やっぱり自分を解放することで
柔らかくおおらかになれるのでしょうね^^

私も今の彼に明るいものを感じます。
期待できますね☆

投稿: JOYNさわさわ | 2006年1月15日 (日) 00:56

さわさわさん

留学時代ということは10年前位ですか?
やはり彼はもっと、とんがっていたのでしょうね。

イギリス留学…いいですね~。イギリスには行った事が無いのですが、いつか寒くない時(笑)に行きたいです。
そして私は留学ができなかった事が、人生唯一の後悔!なのです。
でも、まだまだあきらめてません…!どじを踏んでまわりに迷惑かけないうちに(苦笑)

投稿: madame-tosi | 2006年1月15日 (日) 16:11

留学は、いつまでもきっとできます!きっときっと…。。
私の知り合いの写真家の奥様は50代後半からイギリスの大学に留学しに行ったそうです。
(旦那さまを置いて…)
私も夢は、いつか外国の大学を卒業すること!!かな?

実は私とさわさわはイギリス時代、ロンドンで同居していたのですぅ〜うふ。
なのでこのタイトルを見て、私もさわさわと同じこと思ってたりして。。

投稿: マイマイ | 2006年1月16日 (月) 22:51

マイマイさん

やっぱり留学つながりだったのですね。しかも同居?それは絆が強いでしょ。日本でできる友達とはまた違う意味でね。

そう、夢はかなうのではなく、『かなえる』ものですもんね。状況が許せば是非是非!と思ってます。

投稿: madame-tosi | 2006年1月17日 (火) 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/8141827

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョージ・マイケル~素顔の告白~』:

» Ladies & Gentlemen The Best of George Michael DVD [湘南のJOHN LENNONの独り言]
Ladies & Gentlemen The Best of George Michael DVD 小生は先日『ジョージ・マイケル~素顔の告白~』 を観たばかりだが、ワムやジョージ・マイケルのソロの曲は、一年に何回か無性に聴きたくなったり観たくなったりする時期がある。周期性があるのだ。その理由は分からない。ずっとここ20年近く毎年繰り返し病気のように発症する。クルマでも家でも聴きっぱなしの状態だ。映画を観たので、余計にその症状がディープになってしまった。 このDVDはジョージ・... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 21:57

« 小倉隆史・・・トライアウト受ける | トップページ | 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』 »