« クリスマスパーティー | トップページ | 小倉隆史・・・FC岐阜へ? »

2005年12月12日 (月)

『やかまし村の春夏秋冬』

Illust昨日はキノイグルーのクリスマスイベントに出かけました。青山の“オルネドフォイユ”で、P1010484 スウェーデンの映画+いがらしろみさんお手製のホットワインドリンクとBiscuitierのお菓子のサービス付き。

  『やかまし村の春夏秋冬』というこの映画、素晴らしかったです。家がたった3件、小学生が6人だけの北欧のやかまし村に起こる日常生活。可愛い羊や犬たちに囲まれて過ごす6人の毎日。子供たちがみんな可愛い!そして、背中に紙を貼ったりするいたずらや、天井に入ったり、道路でのケンケンパッ・・・昔やりましたね、懐かしい。

B00005HPJD 待ち焦がれた雪が降ったときのはしゃぎよう・・そうそう、うれしかった。イブのパーティでは3家族で踊るダンスがステキでした。

死にそうな子ヤギを一生懸命育てる子や、目の見えないお爺さんの膝の上に抱っこされて毎日新聞を読む子がいたり、テレビはないけど、夜はトランプをしてみんなで遊んだり、家畜の世話をしたり、クリ スマスの準備でクッキーの型を抜いたり、・・・。P1010486

物を大事に人間らしく生活するという、今で言う“LOHAS”の原点の生活がありました。贅沢ではないけど、上質な生活を見た満足感。映像も綺麗でした。DVDが出ているので良かったらご覧ください。    

お店を出るお客さんが「あっ!雪が降ってる~」・・・なんと、外には雪がチラチラ舞って、みんな映画の世界の出来事が現実になって感動!P1010492

寒かった夜も、心あたたまった帰り道でした。

(下の写真は青学構内のクリスマスツリーと青山通り沿いのイルミネーション・・・遠くから撮ったのでちょっと暗いですね)

|

« クリスマスパーティー | トップページ | 小倉隆史・・・FC岐阜へ? »

コメント

ううう~ん、なんともうらやましいイベントですね。
かわいい映画見たいです。

今日、外回りの途中で東林間の古本屋に入ってみました。
個人でやってる小さいところで、絵本や児童書が充実してて
おもわず小学校の頃図書館で「次は何を読もうか」と
ワクワクしていた気持ちを思い出しました。
洋書の絵本もあったりしてとてもいいお店でした。

投稿: アサミダイズミ | 2005年12月16日 (金) 22:20

>今日、外回りの途中で東林間の古本屋に入ってみました。

おっ、既に道草してる!いいですね~、そのゆとり。
家の息子達も大好きでした(特に三男が)毎晩〝ちいさいおうち〟など読んでいたような…。良い絵本は何度読んでも飽きないですよね。

投稿: madame-tosi | 2005年12月17日 (土) 00:24

>おっ、既に道草してる!

ハハハハ、ゆとりだけはバッチリですよ!
それゆえ成果は・・・(苦笑)

絵本大好きだった三男氏にも近々お会いできるのでしょうか?
「ちいさいおうち」とはどういう絵本ですか?
読んだことがありませんが、名前からしてかわいいですね。

うちではたぶん最初の絵本はこれでした↓
4冊くらいのセットでしたが、最近ネットで見つけてびっくり。
30年近くたってもまだまだ読まれているようです。
(人呼んで「トラウマえほん」とも)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4834002187/250-2320423-8216241

投稿: アサミダイズミ | 2005年12月17日 (土) 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/7583468

この記事へのトラックバック一覧です: 『やかまし村の春夏秋冬』:

» 第3回 大人も楽しい!子ども向け映画 [庭師の庭 Gardener's Garden]
 明けましておめでとうございます!  なんとめずらしく大雪のお正月となりましたが、みなさまのところでは大丈夫でしょうか。  東京の多摩地区では、10センチ以上の積雪となりました。さっそく子どもと雪だるまを作りましたが、 全然形にならず、今朝、不気味な姿で庭の隅に立っています・・・。  さて、昨日の大晦日、テレビでとってもステキな映画を見ました。 テレビ東京で放送されていた、 「点子ちゃんとアントン」です... [続きを読む]

受信: 2005年12月27日 (火) 14:15

« クリスマスパーティー | トップページ | 小倉隆史・・・FC岐阜へ? »