« 房総での海水浴 | トップページ | バンドの練習 8月版 »

2005年8月 6日 (土)

広島

今日は広島の原爆の日。被爆から60年経つので昨夜も特集のテレビ番組がありましたね。その中で、加害者である原爆の開発者?であるアメリカ人が、日本人被爆者の前で、絶対に謝罪しないという場面がありました。彼は「リメンバー パールハーバー!という言葉があるのを知ってるか?」と冷たく言い放っていました。

戦後生まれの私は、原爆というものを実はあまり詳しく知らずにいたのです。一昨年の9月に初めて行ったハワイで、パールハーバーに行き、日本人としてあまりにも戦争に無知な自分が恥ずかしくなりました。Arizona-m

パールハーバーは一般の日本人のツアーに入ってないようで、日本人は少なかったようで した。まず「メモリアルセンター」なる所で、当時の記録映画(当然、日本人が悪く描かれてる)を見てから、船に乗り、今もまだ沈んでいる「戦艦アリゾナ号」の上をまたぐように立ってる「メモリアルホール」arizona3へ。

沈んだまま(しかもまだ死体も中にあるとのこと)の船の上のホールに立つと、もう言葉は出てきません・・・。あまりにも神聖な雰囲気なのでみんな黙ったままです。どこまでも 青く澄み切った海と空の美しさと静けさに涙が出hawaii_pearl_harbour てきました。犠牲者の名前が全員壁に刻んでありました。

係で働いている軍人の人たち103-0330_IMG_1_1_1 も、周りにいるアメリカ人であろう?観光客も、私たち日本人を厳しい目では見ません。ほんとに平和って有難い、国籍関係無く仲良く できるって素晴らしい、って実感しました!

戦争のきっかけとなったのが真珠湾なら、凄惨な終わり方をした広島に行かなければ・・、行って確認したい、と思うや否やその1ヵ月後に主人と日帰りで行きました(特典航空券で)。

朝一の飛行機で飛び立ち、まずは宮島の観光を楽しんだ後、第一目的の原爆記念資料館へ・・・。想像を絶していました!焼け爛れた皮膚にくっついていた洋服や身につけていたものの数々。当時を思い出して書かれたたくさんの作文や絵・・・。熱くて熱くて飛び込んだ人たちの死体でいっぱいになった川。あまりにもむご過ぎます・・・。

3時間以上かけて見学しました。周りには外国人も多く、私がアリゾナ号の所で感じた事をこの人たちも感じてるのではないか?と思いました。意外に日本人の若い人達が多く、みなさん言葉少なに熱心に見て・・・日本の将来も捨てたもんじゃないな~と、とても頼もしく思いました(私の若い頃よりずっと立派!)。修学旅行だけではなく、自発的にこういう事を知ろうという事が大事ですよね。

整然と作られた綺麗な街並みの広島は、凄惨な過去から復興したものだという事を忘れてはいけないと思いました。ただそこに暮してる方たちは、早く忘れてしまいたいという想いもあるでしょうね。一人でも多くの人が訪れ、原爆の問題を身近に感じることが、次の平和の一歩となるんでしょうね。唯一の被爆国の国民として、ささやかだけどできる事ですね。

今度はゆっくり行って、もっとじっくり見て、夜には牡蠣料理など味わって来たいものです。きれいな広島の町の写真も撮りたいし・・・。平和って有難いです。

|

« 房総での海水浴 | トップページ | バンドの練習 8月版 »

コメント

今まで戦争のことについては教科書で習ったほどの知識しかなく、また、それ以上知ろうともせずに過ごしてきました。

今年、天皇陛下がサイパンを訪問されたニュースを見た時のこと。
「バンザイ・クリフ」という名前に衝撃を感じました。海に飛び込んで行った人達の心を思いました。彼らには信じるものがあった。でもそう信じ込まされていた、その事実が怖ろしいことだと思いました。
昨日の広島についての番組でも、やはり、アメリカ人の彼の言った言葉にショックを受けました。

人間、自分のしたことは比較的簡単に忘れてしまうけれど、されたことは、その痛みと共に根深く心に刻まれてしまうものだと思います。
人を思いやることを忘れずに、悲惨な事実にも目をそむけないで、周りに振り回されない自分なりの考えをしっかりと持つ。
小さなことだけれど、大切なことですね。

投稿: ラブリオバ | 2005年8月 6日 (土) 21:18

tosiさん,NHKの広島からの生中継「平和巡礼2005」をたった今見終わってこのメッセージを読みました。心が滲んでいます。私は1945年生まれなのでまさしく戦後○○年と共に生きてきました。小学校時代,母がPTAの文化活動をしていたので,新宿御苑で開催された丸木位里さんと俊さんご夫妻の「原爆の図」を見たのが原爆の実態を絵から感じ取った最初でした。子供にはものすごく衝撃でした。大人になってからは朗読劇「この子たちの夏」これは庶民の原爆体験の詩を麦藁帽子をかぶったシンプルなスタイルの女優さん達が朗読するものです。素晴らしい舞台です。実体験が無くても,いつも平和を維持する大切さを,そして平和を脅かす世の中の動きに敏感でありたいと思っています。

投稿: tammy | 2005年8月 6日 (土) 21:32

同じコメントを2回送ったことになってしまいました。ごめんなさいね。「確認」をしてから「送信」したのですが,ちゃんと送信されていないので更新できないとのメッセージが表示されたので,また「送信」をクリックしてしまったのです。どちらかを削除してください。

投稿: tammy | 2005年8月 6日 (土) 21:37

お2人ともそれぞれの平和に対する気持ちをありがとうございました。(tammyちゃん、一つ削除しました・・)私もその番組をサッカーのハーフタイムに見てました。公園が立派な会場になってましたね。

投稿: madame-tosi | 2005年8月 6日 (土) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/5335472

この記事へのトラックバック一覧です: 広島:

« 房総での海水浴 | トップページ | バンドの練習 8月版 »