« Windows 98SE | トップページ | 南仏 パリ→ニース »

2005年7月 8日 (金)

『冒険者たち』

南仏のイメージを盛り上げるために、次男から勧められレンタルビデオで観ました。 boukensha

ドロン若かりし頃の映画だけどまだ観てなかったんです。私、面食いじゃなかったからアランドロンってあまり好きじゃなかった。でもこれは、『太陽がいっぱい』のアランドロンより表情が良い。『太陽~』の方は屈折した感じで、当時はモーリスロネの方が印象的だったな~。

音楽は特に印象に残らないし、地中海もそんなにきれいじゃないけど、男の夢を追いかける少年のようなアランドロンの表情や、リノヴァンチュラの存在感、天真爛漫な役どころのジョアンナシムカス・・・アウトローな3人の結びつきがなんだか良い感じでした。

シムカスが海中に埋葬されるシーンはとても印象的で悲しい。

60年代の映画だったんですね。地中海の色は『太陽~』の方がずっときれいでした。

|

« Windows 98SE | トップページ | 南仏 パリ→ニース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115216/4882228

この記事へのトラックバック一覧です: 『冒険者たち』:

« Windows 98SE | トップページ | 南仏 パリ→ニース »